NOMA t.d

テキスタイルデザイナーの野口真彩子とデザイナーの佐々木拓真が2005年にスタート。
野口はロンドンのデザインカレッジを卒業後、様々なブランドに作品を提供。2006年ニューヨークに拠点を移し、カルバン クライン、ダイアンフォンファステンバーグなどのテキスタイルデザインを担当した。セレクトショップのディレクターやバイイングなどで活躍した佐々木は、2003年よりオリジナルブランド「POWWOW」を立ち上げ、メンズウェアデザインに着手。2005年、野口と「NOMA t.d.」をスタート。ハンドドローイングを活かした個性的なテキスタイルと、シンプルな中にデリケートなディティールを加えた独特なデザインが注目を集めている。
洋服の作り手としての活動のみならず、様々なスペースにて彼ら自身の手によるアートワークの展示なども積極的に行い、洋服以外のプロダクトデザインも行っている。








Sale

Unavailable

Sold Out